official_web_site_red&blue_koyotire.jp
rbys_red&blue
record_of_recording_under
   2014  January February March April May June July August September October November December
   2013  January February March April May June July August September October November December
   2012  January February March April May June July August September October November December


rbys_yellow
POTENZA S001 RFT:ポテンザ・エス・ゼロ・ゼロ・ワン・ランフラット
商品特徴
POTENZA:ポテンザS001:エスゼロゼロワン 欧州で賞賛されたPOTENZA RE050が、あつい進化を遂げた。クルージングをさらに堪能するためのドライ&ウェットパフォーマンス。その上質な走りは、大人のスポーツマインドを駆り立て、感性を刺激する。

POTENZA S001:ポテンザ エス・ゼロ・ゼロ・ワン
Since 09.01.2011.


Go! POTENZA〜欧州で絶賛のハイスピード&ウェットパフォーマンスRE050が進化〜

コメントはこちらからお願いします >>

rbys_red
POTENZA S001 RFT:ポテンザ・エス・ゼロ・ゼロ・ワン・ランフラット
■パンクしても走行できる
bridgestone_potenza:ブリヂストン・ポテンザ

サイド補強型ランフラットテクノロジー採用タイヤのメカニズム 搭載技術、性能、比較、評価
bridgestone_potenza:ブリヂストン・ポテンザ_ミスタータイマン甲陽

ブリヂストンのランフラットテクノロジーを採用し、急なパンクでもハンドルを取られる事がなく安全に走行でき、また安全な場所まで移動して停車することが出来ます。
※空気圧0kPa時に、ISO基準に基づいた試験条件において、「速度80km/hで80kmの距離」まで走行が可能(ISO基準)。

コメントはこちらからお願いします >>

rbys_blue
POTENZA S001 RFT:ポテンザ・エス・ゼロ・ゼロ・ワン・ランフラット
■乗り心地向上
bridgestone_potenza:ブリヂストン・ポテンザ

ノーマルタイヤと遜色ないレベルを達成
搭載技術、性能、比較、評価
bridgestone_potenza:ブリヂストン・ポテンザ_ミスタータイマン甲陽

■テスト条件
ノーマルタイヤ(POTENZA S001) 245/40R18 97Y XL
従来のランフラットテクノロジー採用タイヤ(POTENZA RE050 RFT) 245/40RF18 93W
POTENZA S001 RFT 245/40RF18 93W
試験荷重 4.71kN
空気圧 240kPa
試験法の名称 静的荷重特性試験
試験場所 ブリヂストン技術センター室内試験機

コメントはこちらからお願いします >>

rbys_yellow
POTENZA S001 RFT:ポテンザ・エスゼロゼロワン・ランフラット
■高いドライ、ウェット性能
bridgestone_potenza:ブリヂストン・ポテンザ

bridgestone_potenza:ブリヂストン・ポテンザ_ミスタータイマン甲陽

POTENZA S001(ノーマルタイヤ)と同じ、 IN側はウェット性能、OUT側はドライ性能を追求したパタンの採用により、高次元のドライ&ウェットパフォーマンスを発揮。

コメントはこちらからお願いします >>

rbys_yellow
お問合せ
タイヤ幅、偏平率、リム径を使ってタイヤ見積
STEP 1
お問合せタイヤブランドを>>

※必ず入力して下さい。
※OE(新車付)タイヤなどはEND STEPのコメント欄に記入下さい

STEP 2
お問合せタイヤ幅(mm)を>>

※必ず入力して下さい。

STEP 3
お問合せタイヤ偏平率(%)を>>

※必ず入力して下さい。

STEP 4
お問合せタイヤリム径(インチ)を>>

※必ず入力して下さい。

STEP 5
数量>>
/本
※必ず入力して下さい。
※ロットで検討の方はコメントの欄に希望本数をお書き下さい。

spacer
 
お名前>>
spacer
メールアドレス>>
※必須です。だって...ご返事できませんもの。
コメント>>
お客さまのプライバシーは必ずお守りいたします。

 
[送る]ボタンをクリック後、確認ページが表示されます
再度ご確認してください

〜根性のシリーズ〜
それは...「気合いを入れてお見積しますよ」ってこと(笑)。



 
CONTENTS FOR SUMMER TIRE
ECOPIA
EP001S EV-01 PZ-X PZ-XC PRV COLORSIDE
EX20 EX20C EX20RV EX20C type H
REGNO
GR-XT GRV
POTENZA
S001 RFT S001 RE-11A Adrenalin_RE002 for_Motorsport
NEXTRY
NEXTRY NEXTRY TYPE L NEXTRY TYPE S
shop only
MY-01
Firestone
WIDEOVAL FR10
DUELER
H/L 850 H/L ALENZA H/P SPORT A/T694 M/T674
VAN/LIGHT TRACK
ECOPIA R680 R201 M812 DURAVIS R670 R205 M810 CAMPER K300
CONTENTS FOR STUDLESS TIRE
BLIZZAK
VRX REVO GZ NV ologic DM-V2 DM-V1 
VL1 W979 W969

rbys_yellow
POTENZA S001 RFT:ポテンザ・エス・ゼロ・ゼロ・ワン・ランフラット
搭載技術
bridgestone_potenza:ブリヂストン・ポテンザ
POTENZA:ポテンザS001:エスゼロゼロワン 欧州で賞賛されたPOTENZA RE050が、あつい進化を遂げた。クルージングをさらに堪能するためのドライ&ウェットパフォーマンス。その上質な走りは、大人のスポーツマインドを駆り立て、感性を刺激する。

パンクしても走れ、乗り心地も向上させた「熱をコントロールする」技術
bridgestone_potenza:ブリヂストン・ポテンザ_ミスタータイマン甲陽

ブリヂストンのランフラットテクノロジー採用タイヤは、タイヤサイド部に補強ゴムを使用したサイド補強型ですが、タイヤサイド部が厚く硬いため、乗り心地がノーマルタイヤに比べ硬くなる傾向にありました。サイド補強型ランフラットテクノロジー採用タイヤの乗り心地を改善するには、タイヤサイド部を薄く柔らかくすることが最も有効ですが、パンク走行時にタイヤサイド部のたわみが大きくなり発熱が増加してしまいます。 ランフラット耐久性能(空気圧が失われた後での耐久性)を維持・向上しつつ、乗り心地を改善するにはこの発熱にどう対処するかが大きな課題となっていました。そしてこの課題を解決したのが、当社が開発した「熱をコントロールする技術」です。

コメントはこちらからお願いします >>

NANO_PRO-TECH:ナノプロテック
POTENZA S001 RFT:ポテンザ・エス・ゼロ・ゼロ・ワン・ランフラット
■新サイド補強ゴム
bridgestone_potenza:ブリヂストン・ポテンザ

サイド補強型ランフラットテクノロジー採用タイヤのメカニズム 搭載技術、性能、比較、評価
bridgestone_potenza:ブリヂストン・ポテンザ_ミスタータイマン甲陽

「ナノプロ・テック(TM)」採用により、カーボンの分散が向上した新サイド補強ゴムは、タイヤに負荷がかかった際に発生するカーボン同士の摩擦が減り、発熱が抑制されます。ランフラット走行(空気圧が失われた状態での走行)時のタイヤサイド部のたわみによる発熱を、従来ランフラットテクノロジー採用タイヤのサイド補強ゴム対比約半減させました。

コメントはこちらからお願いします >>

COOLING_FIN:クーリングフィン(TM)
POTENZA S001 RFT:ポテンザ・エス・ゼロ・ゼロ・ワン・ランフラット
■COOLING FIN:クーリング・フィン
bridgestone_potenza:ブリヂストン・ポテンザ

ノーマルタイヤと遜色ないレベルを達成
搭載技術、性能、比較、評価
bridgestone_potenza:ブリヂストン・ポテンザ_ミスタータイマン甲陽

■試験条件
タイヤサイズ 225/45R17
試験空気圧 0kPa
試験荷重 3.92kN
リム幅 71/2インチ
試験速度 80q/h
試験方法 室内ドラム試験機上で30分間タイヤを回転させた後、タイヤ表面温度を撮影

コメントはこちらからお願いします >>

COOLING_FIN:クーリングフィン(TM)
POTENZA S001 RFT:ポテンザ・エス・ゼロ・ゼロ・ワン・ランフラット
■COOLING FIN:クーリング・フィン
bridgestone_potenza:ブリヂストン・ポテンザ

ノーマルタイヤと遜色ないレベルを達成
搭載技術、性能、比較、評価
bridgestone_potenza:ブリヂストン・ポテンザ_ミスタータイマン甲陽

「クーリングフィン(TM)」は、タイヤサイド部の表面に設けたタイヤ径方向に延びる突起により、空気の乱流を促進してタイヤを冷却する技術です。

コメントはこちらからお願いします >>

rbys_red
POTENZA S001 RFT:ポテンザ・エスゼロゼロワン・ランフラット
SIZE SPEC:サイズスペック

size:サイズ
size:サイズ
●上記のメーカー希望小売価格は、2012年7月1日現在のものです。
● 装着の際には、タイヤ空気圧モニタリングシステム(TPMS)を必ず装着しなければなりません。
● ホイールはブリヂストン推奨ホイールをお使いください。
● すべてチューブレスタイプです。
● S001 RFTは左右非対称で回転方向指定のないパタンとなります。「INSIDE(内側)」「OUTSIDE(外側)」の表示に従って装着してください。
● サイズにより、サイドデザインおよび仕様が異なる場合があります。
● タイヤ幅とは断面幅を表します。
● リムガード、タイヤ側面の模様・文字などはタイヤ幅には含みません。
●※印サイズについては、ラベリングが(1)「転がり抵抗性能B」「ウェットグリップ性能b」(2)「転がり抵抗性能C」「ウェットグリップ性能b」の2種類があります。
● (1)については数量に限りがありますので品切れの際はご容赦ください。
● ラベリング制度の詳細な仕組みについては、一般社団法人 日本自動車タイヤ協会のホームページをご覧ください。
コメントはこちらからお願いします >>

rbys_blue
低燃費タイヤなどのラベリング制度について
bridgestone_ecopia:ブリヂストン・エコピア
搭載技術
bridgestone_ecopia:ブリヂストン・エコピア_02

注記
●転がり抵抗とは走行中にタイヤが損失するエネルギーであり、転がり抵抗係数はタイヤへの荷重に対する転がり抵抗の比率です。
●転がり抵抗係数はJIS D4234:2009(ISO28580)を用いて測定しています。
● ウェットグリップ性能は路面が濡れた状態でのタイヤのグリップ力(制動時のグリップ力)であり、EU規則 Wet Gripグレーディング試験法(案)(TEST METHOD FOR TYRE WET GRIP GRADING (C1 TYRES))を用いて測定しています。
● 転がり抵抗及びウェットグリップ性能は、空気圧や溝深さ、及び使用条件等によって異なります。
● タイヤの転がり抵抗の低減は、一般的には車両燃費の改善に寄与しますが、その低減幅は実車燃費の改善率を示すものではありません。

コメントはこちらからお願いします >>

CONTENTS FOR SUMMER TIRE
ECOPIA
EP001S EV-01 PZ-X PZ-XC PRV COLORSIDE
EX20 EX20C EX20RV EX20C type H
REGNO
GR-XT GRV
POTENZA
S001 RFT S001 RE-11A Adrenalin_RE002 for_Motorsport
NEXTRY
NEXTRY NEXTRY TYPE L NEXTRY TYPE S
shop only
MY-01
Firestone
WIDEOVAL FR10
DUELER
H/L 850 H/L ALENZA H/P SPORT A/T694 M/T674
VAN/LIGHT TRACK
ECOPIA R680 R201 M812 DURAVIS R670 R205 M810 CAMPER K300
CONTENTS FOR STUDLESS TIRE
BLIZZAK
VRX REVO GZ NV ologic DM-V2 DM-V1 
VL1 W979 W969
トランス
トランス
トランス
record_of_recording_under
   2014  January February March April May June July August September October November December
   2013  January February March April May June July August September October November December
   2012  January February March April May June July August September October November December
record_of_recording_under


※RED&BLUEからBRIDGESTON:ブリヂストン、POTENZA S001 RFT:ポテンザ エス・ゼロ・ゼロ・ワン・ランフラットを紹介します

official web site RED & BLUE
※オフィシャル ウェブサイト レッド&ブルー(ミスタータイヤマン甲陽) は、やんちゃでセクシーで良いタイヤを...楽しく、履かせて、魅せて、走らせ...
Someday:いつか、Legend:伝説の Tire Shop:タイヤショップになりたい...ですね!!


(C)official web site RED&BLUE/ KOYOTIRE.